スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

声フェチ

わたしは自分を声フェチだと思っています。新しい音楽に出逢うとき、「声」の印象にこころを持っていかれることが多いです。GLAYが好きな理由も、やっぱりテルくんの声に魅力を感じているから、というのがひとつだったりします(まあ、彼らの場合はそれだけじゃないんだけど)。

・ACIDMAN
・秦 基博
・Dew
・スキマスイッチ
・鬼束ちひろ

上記5組のアーティストに関しては、「声」がきっかけで好きになったといっても過言ではないです(テレビから歌声が聞こえてきて「なにこれ!すごいいい声!」っていうところからはじまってます(笑))。とはいえ、ほとんど共通点はないような気がするんですけどね…。強いて言うなら、「聴いてすぐに誰かわかる声」の持ち主と言ったところでしょうか。そう考えると、テルくんもこの中に入りますね。

もちろん、曲がよくないとだめなんですけど、声ってかなり重要な役割を果たしてると思うんですよね。GLAYがもしテルくんヴォーカルじゃなかったらって思うと、うーん…。なので、カバー否定派ではないけど、できればGLAYのカバーは誰にもやってほしくないというのがわたしの本音だったり(どんだけわがままなんですかって感じですけど)。噂のつるのさんのカバーした「HOWEVER」も聴いてないんですよね。中村あゆみさんもうたったんだっけ?それも聴いてないです。

なんだろう…タクロウくんが書いた曲はやっぱりテルくんの声で聴きたいんですよね(これもすっごいエゴだけど)。あのメロディラインや思いを最大限輝かせてうたえるのは、テルくんだけだと思ってるから。だから「冬のエトランジェ」が聴けたときにはうれしかったなあ(まあ、CD音源にはちょっとあれな声も入ってますが…)。

タクロウくんも言ってたけど、声ばかりは神さまからの授かりものですからね。そういう意味で、テルくんをはじめ声に魅力のあるアーティストさんたちは、まさに「選ばれし者」なんでしょうね。

そんなわたしは自分自身の声はあんまり好きじゃないです(それでも一応歌ってるんですけど(笑))。

Posted by イノウエミキ - comments(0) - -

出た!(音楽編)

http://www.apple.com/jp/ipodnano/
毎年9月はアップルから何かしらの「発表」があるようですが、今年はこいつがメインのようです。

新しい機能としては
・ビデオカメラ搭載
・ボイスメモ
・FMラジオ搭載
・画面が拡大
…でしょうか。なんといっても目玉は動画撮影でしょうねー。touchじゃなくて、nanoにつくとは驚きです。

なにより安いんですよ!8GBで14700円、16GBで17800円って…!破格じゃないですか!どんな機能よりも、そのことに魅力を感じてしまいます。

ちなみに、わたしの相棒はこの子。



iPod nano 3Gでっす(おまけにカバーも一緒に)。購入は、なんと、昨年8月。8GBで23800円…を、ポイントをためまくって18000円くらいで買いました。その後、すぐにnano 4Gが出るという予想外の展開…ううう、タイミング悪すぎです(T▽T)

でも、愛着たっぷりなんですけどね。nanoと言えば、現行の型のようにスタイリッシュな形が普通なのでしょうが、わたしはこのちびでぶ具合がすごく気に入ってて。あまりにもスリムすぎると、持ってる!って感じがしないんですよねえ…ケータイにも言えることなんですが。

機能的には今のものでも十分だし(動画も見れますしね。あんまり入ってないけど)、まだまだ壊れる気配もナッシング!なので、長い付き合いになりそうです。が、やっぱり気になる新nano…。現物を見たら、手にとっちゃいそうで怖いです…。

そして、おまけ編。寿命が来たのはこっちです。



イヤホンです。右端はご存知、音が激悪と誉れ高い(笑)iPod付属イヤホンです。普段使いとして今までつかってきてたんですが(それなりのものもきちんと持ってるんですけどね)、ついにイカレました。左側ががっつり音割れするようになっちゃったんですよね。なので、なんにも気にせずにガンガン乱暴な使い方をする用に(おいおい…)、購入したのが左の2本。真ん中はそこそこの値段(まあ、普段使い用の相場ですかね)、左端は試しに買ってみた300円のもの(笑)。結果は…やっぱり値段に比例しますね、イヤホンは。300円のイヤホンは、音質も相当悪いです。とてもじゃないけど聴けたものじゃない。勉強になりました(笑)。

というわけで、現在は真ん中のイヤホンが普段使い用として働いてくれてます。飾り部分がビーンズ(おまめ)の形でキュートなので、気に入ってます*さてさて、わたしの使い方でいつまでもつことやら。

Posted by イノウエミキ - comments(0) - -

天国で逢ってるのかなあ…

衝撃でした。あの忌野さんがなくなられたなんて…。もちろん、ご病気で必死になって治療されているのは知ってましたが、それがまさかこんなに早く天国に行ってしまうなんて…。しかも、hideちゃんとおんなじ日に…。これもなにかの巡り合わせなんでしょうか。忌野さんの曲をきちんと聴いたことはないけれど、あの強烈なヴィジュアルと独特の歌声で、もちろん知っていました。なんとなく、hideちゃんとかぶる面もあったから、今こんなにショックを受けてるんでしょうね。

ゆかりのあるひともないひとも、いのちが消えてしまうということはかなしいことです。お疲れ様でした、どうか、安らかに眠ってください。

こういう風に、特にミュージシャンの方が病気でなくなられるたびに思うのです。グレちゃんたちは健康に日々を過ごしてほしいって。テルくんがたばこをやめてくれたことは本当にうれしかった。ヒサシくんも禁煙中だって会報に載ってたし、このまま完全にやめてくれればなあと思う。喫煙は確実に健康へのリスクが高まりますからね…。お酒もほどほどにしてもらいたいです。まだまだGLAYを続けるって決めてるのなら、まあ、自分たちの体を粗末に扱うようなことはしないと思うけど…。

体が資本です。愛するひとたちには元気で笑って毎日生きていってほしいから。

続きを読む >>

Posted by イノウエミキ - - - -

巡り来る5月

桜の花も、ハナミズキも散って、緑がまぶしい季節。
季節はとめどくなく巡ってくるものなんですね。
かなしいことも、うれしいことも、全部抱きしめるようなあたたかさ。
それはあなたの人柄そのもののようにも思えます。

もう11年も経っちゃったんですね。hideちゃんが亡くなったとの知らせを聞いたときには、それはそれはショックでした。嘘だと思ったし、受け入れられなかった。でも、残酷なくらい現実だった。

グレちゃんと出逢う前、わたしは今ほどではないけど節操なくいろんなアーティストの音楽を聴いてました。その中でもhideちゃんは特別な存在。彼のことをそこまで詳しく知っているわけではなかったけど、あたたかな人柄とやさしい笑顔と気さくな話口調が大好きでした。

だから、グレちゃんがhideちゃんのトリビュートアルバムに参加してくれた時には本当にうれしかった。しかも曲は「MISERY」で。hideちゃんの曲の中でも1番大好きなものだったし、グレちゃんにぴったりなものだったから。

元気ですか?
笑ってますか?
おいしいお酒は飲めてますか?
できるのなら、これからもこの世界にいる愛すべきひとたちを見守ってあげてね。

また春に逢いましょ。

Posted by イノウエミキ - - - -

絶賛、絢香ちゃん祭り

…なのです。すでに昨日のニュースで、水嶋ヒロくんと結婚したことを知っていたんです。絢香ちゃん、難しい病気を抱えながら音楽活動してたんですね…すごくがんばってたんだ。

もともと絢香ちゃんがデビューしたころって全然聴いてなかったんですよ。「あー、また新しい子出たんだ…」くらいの感覚で。よく聴くようになったのは1年くらい前からですかね。これまたグレちゃんつながりなのかもしれないのですが、RED RIBBON LIVE2007がきっかけです。ヤフーのネット中継を見てて、彼女、あの頃まだハタチだったのにすごいしっかりした考え持ってる女の子で、「うわー、こんなすごい子だったのか!」と度胆を抜かれたんですよね。それから彼女のことについてもっと知ってみたいなーと思うようになったんですよね。

結婚したことはとってもおめでたいこと!驚いたのはそのことよりも病気と闘いながら歌を歌っていたという事実のほうでした。昨年末も、ちょうど生で歌を聴く機会があったんですよ、1曲だけだったけど。テレビで見てても、CDにパッケージされたものも、歌声はすごいパワフルで、そんなことみじんも感じさせないようなものなのに…うん、ショックでした。今年いっぱいでお休みしちゃうんですよね、歌…。残念だけど、ゆっくり休んで病気を治してねと言って見送るしかできないんだよなあ…。やめないでほしいなあ…。またいつか新しい歌を聴かせてほしいです、ホントに。

ヒロくん、絢香ちゃんのこと、頼んだよ!守ってあげてね!二人に心からのおめでとうを。しあわせになってね。

(職場のちょっぴり年上のお姉さんは、ヒロくんのファンだったらしく、わたしとは別の意味でショックだったんだそうな。まあ、その感覚はわたしもわからないでもないですけどね。タクロウくんの時、わたしも少なからずショックだったし…。今はもちろんよかった!と思ってますが、わはは。)

♪Jewelry day from Sing to the Sky/絢香

Posted by イノウエミキ - - - -

ハナミズキ

ぐんと暖かくなった最近、街角には色とりどりの花が咲いていて、こころまでほっこりします。最近はハナミズキがとってもきれいです。ハナミズキといえば、母がとても好きな花で、数年前にうちの猫の額ほどもあるかどうかわからない庭に苗木を植えたことがありました。結局、土があわなかったようで、その苗木は枯れてしまったんですが…。母は、かわいそうなことをしたなあと、とても残念がってました。育てるの、難しいんですかね。

そして、やっぱり思い浮かべるのはこの曲。

ハナミズキ
ハナミズキ

もう、本当に純粋にいい曲だな、と。本当に好きでカラオケでもよく歌うし、某音楽コミュニティサイトでもカバーしたことがあります、2回ほど(今はすっかりご無沙汰ですが…)。

一青窈ちゃんは大好きなアーティストのひとりです。好きな曲多いです、声質も好みで。でも、この曲は一統特別ですね。それは、窈ちゃんがこめた思いを知っているからゆえです。有名なエピソードだと思うけれど、この「ハナミズキ」は窈ちゃんが9.11テロで感じた思いを詰め込んだ曲なんですよね。GLAYで言えば立ち位置的には「ALL STANDARD IS YOU」とかが近いのかも。平和への願いがこめられた曲。万人に認められるのもうなずけます。

「君と好きな人が100年続きますように」…そう願う気持ち。まず、平和が大前提としてなければ、100年も好きな人と一緒にいられるわけがない。人と人とのつながりを、しあわせを、未来を、ぶった切る争いは、この先未来永劫になくならないかもしれないけれど…それでも、やっぱりなくなってほしいと切に願ってしまいます。

わたしもいつか、こういう曲がかけるひとに、歌える人になりたいです。そのために、大きなこころとやさしい強さがほしいです。

Posted by イノウエミキ - - - -

Namidairo

Namidairo
Namidairo

何なんだこの切ない曲は!

…というのがわたしのはじめての感想です。歌の内容が、経験した覚えアリアリです。そして、YUIちゃんの歌い方も声も感情がものすごくこめられていて、ますます胸に来るものがあります。もしかしてYUIちゃんもこういう類の恋をしたことが(今もしている?)あるのかもしれないなあ…。

わたしの好みとして「感情を重ねやすい、自分の経験上覚えのあるもの」というのがあるんですが、この曲はものすごくドンピシャで、逆に戸惑いましたね。

Posted by イノウエミキ - - - -

花は桜 君は美し

花は桜 君は美し
花は桜 君は美し

昨日TSUTAYAに行ったときにかかっていたこの歌、テレビやラジオや街角でもう何度か耳にしてて、いい曲だなあ、誰が歌ってるのかなあと思ってたら、いきものがかりでした。確か、彼らはデビューも「SAKURA」で桜にまつわる曲だったんだよなあ。あんまり詳しくはないのだけど、ヴォーカルの女の子の声がすごく好きです、まっすぐで、ポーンと飛んでいくような気持ちのいい声。この時期にぴったりなさわやかな曲だなあと。メロディもキャッチーですぐに覚えられました。ついつい口ずさんでしまうのです。

Posted by イノウエミキ - - - -

HEART STATION

HEART STATION / Stay Gold
HEART STATION / Stay Gold

先日ヒカルちゃんがMステで歌っていたこの曲が、ずっと気になってしょうがなかったので借りてきてみました。「Stay Gold」はアジエンスのコマーシャルでも聴いたことがあったのだけれど「HEART STATION」は初めてだったのです。どちらかと言えば「HEART STATION」のほうがすきだなあ。この切ない感じがなんとも…気持ちを重ねやすいです。新しいアルバム、早く聴きたいなあ。

Posted by イノウエミキ - - - -

2007年のヒット&冬に聴きたくなる曲

2007年のわたしの中でのヒットと言えば、GLAYさん以外ではやはりコブクロの「蕾」ですな。

蕾 (通常盤)
蕾 (通常盤)

ベタだと笑われるかもしれませんが(何と言っても昨年のレコ大受賞曲ですし…)、小渕さんがこの曲にこめた思いをうわさに聞いていたので、自分と重ね合わせてぐっと来てしまいました(わたしのママンは元気ですけど)。レコ大で歌っていたときに声を詰まらせた小渕さんを見て、わたしも思わずもらい泣き(実はちゃっかり見てた)。なんだろう…GLAYさんの曲でもそうなのだけれど、やっぱりわたしはその曲にこめられたエピソードにものすごく反応してしまうようです。最近だと「100万回のKISS」や「夏音」とか…「僕達の勝敗」もそうだな。書き出したらきりがないっす。

そして、ここのところ寒い日が続いてますが、そんなときに聴きたいのはやっぱり「Winer, again」や「Missing You」ですよね。ちょっと遅いかもしれないけど「Christmas Ring」とか。GLAYさんの冬の曲はなんだかわびしい感じがしてそこがいいです。後、発売された当初はあまりピンときてなかった「ホワイトロード」も好きですよん。

GLAYさん以外ならレミオロメンの「粉雪」とかですかね(これまたベタですかね)。たまらなく熱唱したくなります。あとはスキマスイッチの「冬の口笛」とか(←すごく好き)。

そういえば、昨日はBank Bandの「沿志奏逢」と徳永英明さんの「VOCALIST3」を聴いたんですけど、どちらもゆるーい感じで心地よかったです。「VOCALIST3」のほうが大人のゆるさと言うか、色気がたっぷりと言うか…。寝る前に聴いてたんですけど、ものすごく落ち着きましたね。

カバーについては前の日記でも書いたように賛否両論あるけど、わたしはどちらかと言えば肯定派だなー。徳永さんの場合は女性シンガーの曲のみっていうのが、また何と言うか素敵です。知っている曲も知らない曲も、原曲の雰囲気を壊さないように、かつ自分のものにしっかりしてて、本当に素晴らしいと思いました。わたしも自分の曲をカバーされるようなアーティストになりたいし、尊敬する人の曲を敬意を払って自分らしくカバーできるようにもなりたいです。なかなか手の届きそうにない目標ですが…夢はでっかくってね。

でも、カバーされて雰囲気が壊れる!っていいたくなる人たちの気持ちも、なんとなくわかるような気もしてるんです。わたしもGLAYさんのトリビュートなんかがされることになったら、どう思うんだろうなあって。トリビュートされるってことはGLAYさんが世の中に認められてるって言う証拠で、とても喜ばしいことなんだろうけど…うーん、やっぱりテルくんの声じゃなきゃ嫌!とか思っちゃうのかなあ…。難しいなあ…。

Posted by イノウエミキ - - - -